忍者ブログ

11話更新

22e0c674.jpeg
10話から登場した現地エージェントのアイシャちゃん。

というわけで11話更新しました。
11話でこのアイシャちゃんが楽しそうに笑っている姿が見れます。
ぜひ萌え死んでください。


次回の更新はだいたい一か月後になると思います。
プバーの絵とか他の作業も溜まってるので、次回はだいぶ気合入れないとやばい感じですが。
できるかぎり1月中に更新できるよう頑張ります。




あと今年最後の更新なんで今年個人的に面白かったものをまとめてみました。

・アニメ
一番面白かったのが「境界線上のホライゾン」。
今まで見てきたラノベアニメでもトップ3には入るくらい面白かったです。
自分がアニメに求めるエンタメ要素がこれでもかってくらいぶちこまれてるのが最高でした。
2番目が「氷菓」。千反田さんのことが気になりすぎて狂いました。あと京アニ様の神作画が神がかりすぎて神でした。
3番目が「シンフォギア」。シンフォギィヴァアアアアーーーーッ!

・映画
1番は「エクスペンダブルズ2」。
2番は「白いリボン」。陰鬱で胸糞悪い映画を撮ることに関してはトップクラスだと思われるミヒャエル・ハネケ監督の作品。人物描写の毒々しさがたまりませんでした。あと映像も良かった。この監督の代表作「隠された記憶」より好き。
3番は「ミッション8ミニッツ」。脚本の完成度がとにかく高かった。これと似た内容のギャルゲがいずれ出そうだなと思った。

・本
1番は新訳が出て微妙に話題になってたフランクルの「夜と霧」。
2番はイーガン最高とか言っておきながら今まで読んでなかった「万物理論」。
3番に入れたいレベルのは特にないです。
無理やり入れるとしたら「カラスの親指」か「ヒトリシズカ」あたり。
というか今年はあんまり本読んでないです。
伊藤計劃を神様のように崇めてるのですが、屍者の帝国はまだ積んだままだったり。

資料系を入れるなら迷いなく「怪物の事典」が入ります。
新紀元社とかのファンタジー系資料を買い漁って、もう普通のモンスターじゃ物足りないぜみたいな人向けのマニアックな怪物やらが載ってる本。
マニアックすぎて基本的には使えない資料ですが、殺人ブルドーザーとかワニ人間とかひどい名前の怪物たちが真面目に解説されてるのを見るだけでもなんかワクワクしてしまいます。


・ゲーム
まともにクリアしたのがドラゴンズドグマくらいしかない……。
クリアしてたらゼノブレイドが一番。長すぎてさすがに続けるのはまずいと思い積んでしまいました。来年こそはクリアする予定。
去年からまたいでクリアしたの入れるならホワイトアルバム2。


・漫画
ブリーチが最近面白いです。
あと、ずっと好きだった無限の住人が終わってしまった。





・拍手レス

>あれ?なんかカッコいい…さん
>不死王「うぉぉぉぉぉぉッ!破滅の剣(つるぎ)、ティルフィングゥッ!」
>自壊する精神と体を抱え…自由と明日を夢見て不死王はフェルアルナを駆けるのであった――。


「ティルフィングッ!
それは本来姫にしか扱えない剣(ちから)――プリンセスセイバーであったはずッ!
姫でない貴様が使用すれば肉体も精神もただでは済まんぞッ!」
「俺の体などどうなってもいいッ!ユーカ、マリス、帽子メガネの人、そしてフェルアルナに生きるすべての人の想いを受け継いだこの力で、俺はこの世界の自由と明日を斬り開くッ!うおおおおおおッ!」

拍手[2回]

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

片桐さんかわいいよ片桐さん

VQ11話お疲れ様でした。相変わらず、おもしろかったです。

魔界のメンツは1/3くらいが色物ですね。たぶん強いんでしょうが。これぞ魔界。俺たちの尺度で測ってはいけない世界です。
むしろ今回出番があったメンツはもういつ死んでもおかしくないフラグを立てたといって過言ではなさそう(笑)

そんなことより片桐さんですが(本題)、帽子眼鏡の人のように蚊帳の外にならないように自分から主人公を焚きつけるなど積極的に物語に絡んできたのが、涙ぐまs…微笑ましいですね。あと、完全に薄い本期待の台詞トカ、こいつ誘ってやがるぜ(他人のキャラへの発言とは思えないコメント)。ゲート生成能力であれやこれやの展開が思いついてしまった自分は本当にクソだと思いました。

――汚れちまった悲しみに今日も小雪の降りかかる……(口笛イン)※無理矢理かっこよく終わらせる殺法

Re:片桐さんかわいいよ片桐さん

ブログに続いてここにまで感想を!ありがたすぎます!

魔界のメンツは以前ブログで公開した連中がどれも色物だったんで、今度こそまともなの増やさなきゃと念じながらデザインしてたんですがあの有様です。
ちなみに基本的には本部エージェントの方が強いって設定なので、今回出てきた方々は13話あたりから次々と……。

そして片桐さん。
積極的に物語に絡むどころか、下手したら魔界編なのに今後もノクスより出番が多い可能性が高いです。
他のヒロインのシリーズですら自分がメインヒロインになろうとする恐ろしい子ですよ。
あと例の台詞のあとの展開、初期では本当におっぱいを揉む流れだったのですが、尺の都合と七海の好感度が急降下してしまうので断念しました。

しかし一体hinataさんがどんな展開を思いついたか気になるところです。
僕は純粋だからこっそりスカートをめくるくらいしか思いつかないですね。

誰もいない異界に閉じ込めて、アレやコレを強要しようだなんてまったく思いつかないですね。

  • スバルイチ
  • 2012/12/31(Mon.)

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新記事

プロフィール

HN:
スバルイチ
性別:
非公開
自己紹介:
わんにゃんの日記

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カウンター